Huawei Mate20 Pro以上の人気を。Huawei P30シリーズは僅か10秒で完売に。

エントリーモデルとミドルレンジモデルを積極的に展開することで急激にシェアを拡大しているHuaweiですが、ハイエンドモデルの火付け役となったのが、世界で初めてトリプルレンズカメラを搭載したHuawei P20 Proです。日本国内でも長年Huaweiのルーターはキャリアから発売されてきましたが、Huawei P20 Liteがauから。

Huawei P20 Proがドコモから。そしてHuawei Mate10 Proがソフトバンクからキャリアモデルとして発売され、SIMフリーモデルだけではなく、キャリアモデルとして発売されたことからも、ハイエンドモデルの認知度も徐々に上がってきています。一方で5Gの覇権争いからも、完全に逆風となっているHuaweiですが、MWC2019では、世界初の折りたたみ式+5Gに対応したHuawei Mate Xを正式に発表し、そして3月26日にはHuawei P30とHuawei P30 Proを正式に発表しました。詳細は「コンデジなんてもう不要かも。Huawei P30 Proのカメラはスマホカメラの常識を覆す。」をご参照下さい。

さて今回いよいよ中国でも発売を開始したHuawei P30とHuawei P30 Proですが、発売を開始して僅か10秒で初回在庫がすべて完売したことが判明したので簡単にまとめたいと思います。

 

僅か「10秒」で完売に。

さて今回の情報によると、本家本元である中国において、Huawei P30とHuawei P30 Proは発売開始僅か10秒で初回在庫が完売したことが判明したとしています。Huaweiが初回在庫としてどれくらいの在庫量を準備したのか、またはどれくらいの販売台数だったのか、その詳細は公表していませんが、今回の情報によると、各容量3〜5万台程度売れている可能性が高いとしています。

ちなみに中国だとHuawei P30は、容量構成が64/128/256GBの3モデル構成で、Huawei P30 Proに関しては、執筆時点では128/256GBの2モデル構成になっています。単純に考えれば、最低でも15万台〜25万台が僅か10秒で販売されたことになります。ちなみにHuawei Mate20 Proは僅か8分で100万台売れていることが判明していますが、Huawei P30シリーズは、完売にならなければ、それ以上の記録を達成したと考えることができます。

さらにその内訳発表しているわけではありませんが、Huawei P30とHuawei P30 Proは、発売を開始して僅か2秒で、2億元、つまり日本円で約3300万円程度の販売を記録したとも発表しています。具体的な販売台数は結局のところ見えてきませんが、Huaweiがこのように角度を変えて、売れ行きを発表するということは、かなりHuawei P30シリーズの売り上げが順調であると判断することができます。

中国国内では、Huawei P30、そしてHuawei P30 Proとそれぞれ5色展開となっていますが、少なくとも発売地域によりますが、大方の地域では3色展開になっていることが多いです。その中でもAmber Sunriseに関しては、入手条件が意外と厳しいです。先行で発売を開始しているヨーロッパにおいては、Huawei P30 Proの512GBモデルのみにしかラインナップされていない場合が多く、今のところ128GBモデルでのラインナップは中国以外では確認できていません。

なので、グラデーションカラーであるAuroraやCrystalがメインカラーだとは思いますが、Amber Sunriseに関しては、その希少性から地味に人気が出るとは判断することができます。

HuaweiのCEOは先日行われたインタビューにおいて、今年1年を通して、出荷台数の目標を2億5000万台〜2億6000万台に設定したとしています。昨年においては、通年で2億台を達成していることからも、2018年と比較して2019年は、20%以上の成長を期待していると判断することができます。そしてこの目標を達成することができた場合、Samsungを抜いて世界1位になる可能性が高いとしています。

さらには中国国内におけるシェアも50%を超え、圧倒的な1位になるとしています。その足がかりとして、今年はHuawei P30とHuawei P30 Proにひたすら革新性を追求したとしています。ヨーロッパ市場のおける販売実績などは、執筆時点では判然としませんが、中国での反響の大きさを見ると、ヨーロッパでかなりの人気を集めていると予測することができます。

日本でもキャリアモデルとして、Huawei P30 Proがドコモから発売される可能性が高いと予測されていますが、少なくともHuawei P20 Proのキャリアモデルをみる限り、SIMフリーモデルと比較して、かなりスペックに制限がかけられていることが判明しています。だからこそ、純粋にHuawei P30シリーズを楽しみたいのであればSIMフリーモデルをおすすめします。

HUAWEI P30 Pro VOG-L29 256GB ファーウェイ SIMフリー
HUAWEI P30 Pro VOG-L29 512GB ファーウェイ SIMフリー
HUAWEI P30 ELE-L29 128GB ファーウェイ SIMフリー
HUAWEI P30 Lite MAR-LX2 128GB ファーウェイ SIMフリー

Via GizChina

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です