海外スマホを購入するなら「価格」よりも「保証」と修理を重点的に考えよう。

MVNOの登場によって少しずつその言葉が認識されてきた「SIMフリースマートフォン」ですが、海外と比較するとまだまだ認知度が低い状態となっています。一方で総務省の発案により、SIMロックの解除に関する制限は徐々に緩和されてきているとはいえ、知っている人のみが知っている状況で、多くの人は知らない状態となっています。

ではなぜ、日本は海外と比較すると、なぜここまでSIMフリーモデルの普及が遅れているのか。それは、キャリア主導による閉鎖的な販売方法と、購入時の割引サポートにあるとしています。携帯はドコモなどの携帯ショップで購入するのが当たり前の時代が長く続き、それこそ今はオンラインショップがありますが、それでもキャリアから携帯を購入するという流れは変わっていません。

その中で、MVNO、つまり格安SIMの登場や国内で人気が高いiPhoneがSIMフリーモデルの販売を行うなど、少しずつ従来とは異なる購入方法が認識されつつあります。そして同時に注目されるようになってきたのは、海外で販売されているSIMフリーモデルです。日本では販売されていない機種や、キャリアモデルより安い価格で購入できることからも、徐々に人気を集めつつあります。

さて今回は、海外スマホ、つまり海外のSIMフリーモデルの購入時について簡単にまとめてみたいと思います。

 

価格より優先すべきこと。

 

まず海外スマホとキャリアモデルを比較した場合、どのようなメリットとデメリットがあるのか簡単にまとめると以下のようになります。

海外スマホ メリット デメリット
本体のデザイン
デュアルシムモデル
対応バンド
国内仕様(おサイフケータイ)
技適
カメラのシャッター音
OSのアップデート

 

特に大きなメリットの一つとしては、OSのアップデートになります。キャリアモデルに関しては、メーカーが配布したOSを基にカスタマイズを行い、そこから配信という流れになりますが、海外スマホは、メーカーが直に配信を開始するため、メーカーの対応が早ければ早いほど、配信されるのも早くなります。

その中でもAndroidを開発しているGoogleのリファレンスモデルであるGoogle Pixelシリーズはアップデートが配信されるのがかなり早いのが大きな特徴になります。そして海外スマホは、日本独自仕様に対応していないというデメリットもある一方で、日本独自のカスタマイズがされていないからこそ、メーカーが求める理想の形となっています。

それでは、海外スマホを購入する時、どのような手段で購入すべきなのか。やはり海外スマホを販売しているサイトで購入するのが一番おすすめになります。ただ同じ海外スマホを扱うサイトであっても、そのサイトによって、価格は全く異なります。こうなってくるとやはり少しでも安いところでとなるのですが、海外スマホで一番懸念されるのが「保証」です。

特に海外スマホの購入に慣れていない人は、自分でインボイスを作成するなど、煩雑な手続きに加え、時間がかかるのが大きなデメリットです。だからこそ、海外スマホを購入するのであれば、保証がしっかりしたところで購入するのがオススメになります。ちなみに、海外スマホを専門に扱う通販サイトの保証規定に関して、簡単にまとめると以下のようになります。

規定/サイト名 Etoren Expansys STF-Phone
保証期間 12ヶ月 6ヶ月(有料保証あり) 12ヶ月
初期不良 製品受領後24時間以内の連絡 製品受領後24時間以内の連絡(きず・へこみの場合)

発送日から14日以内に連絡で初期不良に。無料で修理

商品到着後7日以内に連絡。
修理 送料は自己負担 送料は自己負担 送料は自己負担
修理期間 2〜3週間 2〜6週間 即日〜4週間
代替品 なし なし あり
返送場所 日本国内 香港 日本国内
返品 自己都合は本体価格3割負担。ただし商品が違った場合などEtorenに過失がある場合は無料。 未開封の場合に限り、発送から14日以内は可能(自己都合)。ただし送料は自己負担。 STF-Phoneに過失がない場合基本返品対応は不可(初期不良は除く)

まず大手かつ老舗サイトであるExpansysにおいてはハードルが高いです。まず保証期間が6ヶ月と短いこと。そして修理にしろ、返品にしろ、「香港」にインボイスを作成した上で、自分で返送する必要性があります。また海外へ返送し、そこから修理という流れになるので、修理期間も1ヶ月以上かかる可能性があります。

一方で個人にしろ、企業にしろ、ありがたいのが、「代替品」の手配です。特にビジネス用と購入した場合、万が一何かしらの形で故障した場合、修理依頼をし、修理にださなきゃいけません。今回比較した3社の中では、唯一代替品の手配をしてくれるのがSTF-Phoneになります。

またSTF-PhoneはEtorenと同様に、日本国内に返送するため、修理や初期不良への対応のハードルが低いのが魅力的です。また購入するときは必ず購入ページで個人情報を入力する必要性があります。EtorenとExpansysにおいては、サイト自体は日本語に対応していますが、購入ページなどは、英語で入力する必要性があります。

一方でSTF-Phoneは、日本法人が運営している為、スタッフは全員日本人。もちろんサイト内、購入ページを含めて日本語です。海外スマホを購入するのって地味にハードルが高いです。自分自身の経験としてもそうでした。また返品や修理を受け付けていることも知っていましたが、やはり多くの時間を要すること。そして、自分で海外などに発送しなきゃいけない手間を考えると、あまり気が進みません。

だからこそ日本ですべて対応してくれるSTF-Phoneは非常に安心をもたらしてくれます。電話やメールでのお問合せも全て日本人スタッフが対応する為、レスポンスも早くスムーズです。
正直STF-Phoneで販売されている海外スマホの本体価格は、他の2社と比較しても高いです。ただ他の2社と違い、確実な「安心」があるとすれば、自分は「安心」を優先して購入すると思います。

冒頭でも軽く記述しましたが、今後よりSIMフリースマートフォンの需要は大きくなっていくと考えることができます。来年にはドコモも分離プランを導入するとしており、従来の割引サポートはついに大手キャリア3社とも廃止になります。つまり大手キャリアで端末を購入するメリットがほとんどないと考えることができます。

だからこそ、ユーザーは従来とは異なり、端末の購入の方法をしっかり見極める必要性があります。海外スマホは、メーカーが求めたデザインやスペックを実現したものとなっており、国内モデルは、キャリアによる独自のカスタマイズがされており、せっかくのメーカーの求めたデザイやスペックを台無しにしている場合があります。

近年だとHuawei P20 Proのドコモモデルは本当にひどいことになっています。だからこそ、個人、企業関係なく、海外スマホに目を向けて見るのはいかがでしょうか。そして海外スマホに興味を持ったら、必ず、本体価格に加えて、「保証」のこともしっかりときにするようにしましょう。日本人がよくいう「安心・安全」が一番のところで購入することをおすすめします。

おわり。

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です