iPhone XSで使ってみたいApple Pay。おサイフケータイとの違いは?

日本国内ではガラケーの時代からおサイフケータイが流行り、日本独自の進化を遂げてきました。それもそのはず。おサイフケータイに対応しているFeliCaを搭載しているスマホはほとんどなく、そのほとんどは日本国内で発売されているAndroidのみとなっています。
ただ大きな転機となったのがiPhone7の発売と同時に、日本国内でApple Payが利用できることになったことです。そこで今回はApple Payのメリットを簡単にまとめてみたいと思います。

Apple Payとは?


iPhone7シリーズにおいては、日本国内で発売されているキャリアモデル及びSIMフリーモデルにFeliCaが搭載されるようになりました。ちなみにiPhone8iPhone Xに関しては、世界中で発売されているそのすべてのモデルにFeliCaチップが搭載されています。
iPhoneがFeliCaチップを搭載したことによって、おサイフケータイと同様に電子マネーが使えるようになりました。ただApple Payは対応している電子マネーがおサイフケータイより少なく、「Suica」、「QUICPay」、そして「ID」の3つのみに対応しています。
特に「Suica」が対応したことが大きな話題となりましたよね。基本これで、iPhoneで気軽に電車に乗れるようになりました。ただ本家本元のApple Payと大きく異なるのは、日本市場においては少額決済がメインとなっていることです。
海外においては登録されているクレジットカードの利用制限額に紐づいているため、利用制限額を超えない場合、どんな高いものでも購入できます。海外ではApple Payで車を購入した強者がいるとか。
一方で、日本市場においては、例えばSuicaはチャージできる上限額が2万円となっていることからも2万円以上の物を購入することはできません。またQUICPayもIDも対応するお店によって異なりますが、一度の買い物で購入できる上限額が、2万円から3万円程度と、あくまでも少額決済向けとなっています。
これはApple Payに限ったことではなくおサイフケータイにおいてもいえることです。ただおサイフケータイは対応している電子マネーが異なり、楽天Edyなどは上限5万円までチャージできることからも、幾分か高額決済に対応しているとも言えます。

Apple Payは登録が簡単。


おサイフケータイとApple Payの最大の違いは登録のしやすさにあると考えることができます。対応している電子マネーはもともと別々の会社が運営しているため、それぞれ個別に登録する必要があるのは仕方ないのかもしれません。
ただApple Payにおいて、IDとQUICPayの登録は非常に簡単です。Walletのアプリからクレジットカードをスキャンするだけ。そのあとちょっとした操作は必要ですが、スキャンしただけで、まずApple Payに対応しているクレジットカードかどうか判別してくれます。
そして対応しているのであれば、IDに対応しているのかQUICPayに対応しているのか自動的に判断してくれます。ほぼスキャンするだけで、登録が完了するのは本当に楽です。
一方でおサイフケータイでIDとQUICPayに登録しようとすると非常に面倒です。まず自分が持っているクレジットカードが、IDもしくはQUICPayに対応しているのかどうか調べる必要性があります。
その上で対応しているのであれば、モバイル版で使用できるように、クレジットカードの発行元に申請する必要性があります。この申請によって、モバイル環境で使用できるようになってから初めておサイフケータイで登録ができるようになります。
コンビニにでは、全国共通して、ほぼ交通系電子マネーや、IDそしてQUICPayが使えると思いますが、特に交通系電子マネーが街中で使える場所が多いのは首都圏になると考えることができます。
つまり住んでいる地域やよく利用するお店によっては、IDやQUICPayのほうが使いやすいかもしれません。だからこそIDやQUICPayの登録に余計な煩雑さがないApple Payはしっかりと抑えるところおさえていると考えてしまいます。
ただもちろんApple Payにもデメリットはあります。それはVISAに対応していないことです。IDに対VISAブランドのカードでもIDに対応していれば、IDとして使うことができますが、主にアプリ上の決済、ちょっと分かりにくいのですが、IDとしてでもなくQUICPayでもなくApple Payで支払いをする時はVISAブランドのクレジットカードを登録することができません。
VISAがAndroid Payとの提携を強化した結果、Appleとの間に亀裂が入りApple Payに対応しないという結果になったと言われています。世界で最も使える場所が多いとされているVISAが登録できないというのはかなりのデメリットであり、海外でも思ったよりApple Payが普及しない最大の要因であるとも考えることができます。
日本は諸外国と比較するとクレジットカードの使用率が一段と低く、いまだ現金国家となっており、国も問題視しています。今後国はクレジットカードの使用率を上げるために様々な施策を打つとさてており、さらにクレジットカードや電子マネーが使える場所が広がっていくと考えることができます。
新型iPhoneの購入と同時に、いまだApple Payを使ったことない人はぜひ登録して使ってみてください。

Apple iPhone XS Max A2104 256GB 香港版
Apple iPhone XS Max A2104 64GB 香港版
Apple iPhone XS A1920 256GB 香港版
Apple iPhone XS A1920 64GB 香港版

参照元:Apple

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です