海外スマホでは当たり前!デュアルSIM(デュアルシム)って何?

日本ではあまり馴染みのない「デュアルSIM(デュアルシム)という言葉。
聞いたことないという方や、知ってはいるけどメリットがよく分からない、という方が結構いらっしゃるのではないでしょうか。
日本で発売されているスマホはデュアルSIMに対応していないものが多いですが海外スマホにはデュアルSIM対応のものが多く発売されています。
今日はデュアルSIMに関する知識をシェアしたいと思います。

デュアルSIMとは

デュアルSIM(Dual SIM)とは、SIMカードが2枚入る仕様のものを指します。
実はSIMカードを2枚入れることには大きなメリットがあります。

スマホ料金が安くなる!?
2枚のSIMカードをうまく使い分ければスマホの料金を今より安くできるかもしれません。
格安SIMと大手通信キャリアのSIMのいい所をうまく使い分けることで、月々のスマホ料金を安くできる場合があります。
例えば、【通話料が高く/データ通信が安い】”格安SIM”と【データ通信が高く/通話し放題】”大手通信キャリアSIM”をそれぞれの用途で使い分けることにより大手通信キャリアの1つのSIMを使うより利用料金を安くできるのです。

私も高校生のときに毎日2~3時間平気で電話をしていた為、メールをするケータイと長電話をするためのケータイで2台持っていました。
そのとき(約10年前)からプランによってケータイを使い分ける概念があったということですね。この記事を書くまですっかり忘れていました。

スマホ2台持ちの卒業!
これまでプライベートスマホと仕事用スマホを2台持ちしていた方はデュアルSIMのスマホを使うことで1台のスマホで2つの電話番号を持つことができます。
こうすれば荷物も少なくなり、便利ですよ!

海外用SIMカードと日本用SIMカードで使い分けられる
頻繁に海外出張や旅行に行かれる方で現地のSIMカードを使用していても出張時、帰国時にSIMカードを差し替える必要がありません!
しかも現地のSIMカードを使うのは大手通信キャリアの海外ローミングを使用するより断然お得!
その詳細は海外滞在中のスマホ知識 ~賢く使って通信料を節約しよう~をご覧下さい。

デュアルSIMにも種類がある!

実は一言でデュアルSIMといっても、実はいくつか種類があります。
買い替え等でスマホを選ぶ際はデュアルSIMの種類まで確認するといいでしょう。

デュアルSIMシングルスタンバイ(Dual SIM Single Standby)
略してDSSSと呼ばれます。2枚のSIMカードを挿入することができますが、両方のSIMカードを同時に使うことはできません。(同時待ち受け不可)どちらかのSIMを使っている際にはどちらかのSIMは使えません。SIMカードを切り替えたい場合は手動で切り替えを行う必要があります。
海外用SIMと日本用SIMの2枚をお持ちの方には頻繁に切り替える必要がないのでDSSSで十分かもしれません。

デュアルSIMデュアルスタンバイ(Dual SIM Dual Standby)
略してDSDSと呼ばれます。こちらはDSSSとは違い、2枚の手動で切り替えを行う必要がなく、SIMカードを同時に使えます。(同時待ち受け可)通話しながらデータ通信を行うことはできませんが、例えばひとつのSIMでデータ通信をしていた際ももうひとつのSIMの着信を受けることができます。
DSSSと比べると同時待ちうけができる為使い勝手の幅が広がる印象です。

デュアルSIMデュアルアクティブ(Dual SIM Dual Active)
略してDSDAと呼ばれます。こちらはDSDSのように2枚のSIMを手動で切り替えを行う必要がなく同時待ち受けにできるものです。しかしDSDSと大きく異なる点は、【通話しながらデータ通信が可能】という点。ここまでできれば煩わしさはかなり軽減され、大手通信キャリアとの遜色なく利用できるかもしれません。

デュアルSIMデュアルVoLTE(Dual SIM Dual VoLTE)
略してDSDVと呼ばれます。こちらもDSDSのように2枚のSIMを手動で切り替えを行う必要がなく、同時待ち受けにできるものです。先ほどご説明はしませんでしたが実はDSDSはどちらかを4Gで通信していると、もう片方は3Gしか使えないのです。
しかしDSDVはそういった煩わしさはなく両方同時に4Gが使えます。

デュアルSIMスマホを使うときの注意


Android端末にはメモリーカードを挿入できる端末が多く発売されています。しかしひとつ気をつけなければいけない事があります。じつはデュアルSIMの端末の中には、2枚目のSIMカードを挿入するトレイとメモリーカードのトレイを兼用している場合があります。
その場合、2枚のSIMを入れている場合にはメモリーカードを入れることができず、メモリーカードを入れている場合は1枚のSIMカードしか入れられることができません。
2枚のSIMとメモリーカードを全て使いたい方はスマホ購入前にきちんと調べてから購入された方がいいですね。

最後に..

まだまだ日本ではデュアルSIMの知名度は低いですが、年々格安SIMの利用者も増えていますので、もっとスマホ料金を安くしたい方や海外に頻繁に行かれる方にはどんどん広まって欲しいですね。
文頭でも書きましたが海外スマホにはデュアルSIM対応のスマホがたくさんあります。
これまでiPhoneはシングルSIMモデルばかりでしたが2018年9月発売のiPhone XS Max以降から中国/香港版に限ってSIMカードが物理的に2枚入るデュアルSIMモデルを発売しました。
iPhoneユーザーでデュアルSIMスマホをお探しの方は要チェックです。
下記リンクからご覧下さい。
デュアルSIM対応のスマホをお探しの方は是非こちらをご覧下さい。

Apple iPhone XS Max A2104 64GB 香港版
Apple iPhone XR A2108 64GB 香港版
Apple iPhone XR A2108 128GB 香港版
Apple iPhone XR A2108 256GB 香港版

執筆者:Rico

【ブログ最後サイトTOPへ】

通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です