意外な故障原因!海外スマホ修理のスペシャリストに聞きました。

今回は海外スマホSTFの修理スタッフに、これまでにあったスマホの故障原因についてインタビューを行いました。
意外と皆やってしまいそうなことで簡単に壊れてしまうようです。
スタッフの修理経験をもとに、故障原因をまとめてみました。
これを参考にスマホを故障から守りましょう!

車を運転中の充電は要注意!

皆さんはスマホを充電しながら車を運転することはありますか?
スマホとカーステレオをBluetoothでつないで音楽を掛けたり、スマホホルダーにおいてスマホをナビ代わりにしたり…。
長時間の運転をしているとどうしてもスマホの充電がなくなってしまうので、シガーソケットに装着できる充電器を使って充電される方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか?
私はこれまでガンガン充電していました。

しかし!
これ、結構危険みたいです!
車のシガーソケットはスマホの充電には強すぎる電圧が通っており、スマホの過充電の原因となり
バッテリーに大きな負荷がかかったり、基板がショートしてしまう可能性があるそうです。

車での外出であっても、ポータブル充電器を使って充電した方が良さそうです。

これだけで「水没」!?水に落とさなくても水没することがある!

お風呂やトイレに落として、スマホが故障しちゃったって方結構多いのではないでしょうか?
水に落としてしまって故障するケースはなんとなく想像が出来ますが、修理スタッフの過去のエピソードを聞くと、「え、こんなことで?」と疑いたくなってしまうようなことがありました。

ある方がベッドで横になりながら、枕と頭の間にスマホを挟んで電話をしていて、電話をしながら寝てしまったそうです。
そして朝目覚めるとスマホの電源がつかなくなっていた…。

なんと、故障の原因は「水没」。
その方は寝汗がひどく、スマホに頭を乗せたまま寝てしまっただけでスマホが壊れてしまったそうです。
水に浸らなくても汗が原因で故障してしまうこともあるそう。

また別のケースでは、寒い冬、外でスマホが冷えひえになってしまっていて、暖かい部屋に入ったとたんにスマホの表面が結露してしまい、それだけでスマホが故障してしまった…なんて事もあったそうです。

いくら「防水」と謳っているスマホでも、ボタンの隙間や充電器の挿入口からの浸水は防げません。
汗や結露でも故障してしまうこともあるくらいなので、もちろん雨の中での使用も気をつけてくださいね。

落下によるスマホ故障多発!

昨今、スマホを手にしている時間はかなり長くなっていると思います。
私にとってスマホを床に落とすことなんて日常茶飯事!

それでも毎回ヒヤッとして、画面が割れていないかチェックをし、「セーフ!」と心のなかで安堵しています。
ただ、画面が割れていなければ大丈夫!というわけではありません。
意外にも壊れやすいところとして、修理スタッフが教えてくれたのは…
「カメラのガラス」です。

特に割れやすいのはiPhoneのiPhone 7以降に発売されたモデル。
iPhone 7以降に発売されたiPhoneはカメラ部分が盛り上がったデザインとなっている為、落下したときの衝撃を受けやすく、カメラ表面のガラスが割れやすいとの事です。

ディスプレイは保護フィルムを貼れば、破損から守ることが出来ますが、カメラはスマホケースをつけることでしか守れません。
なるべくケースをつけてスマホを守ってあげてください。

半数以上がスマホの修理をしたことがある!

スマホの修理に関するアンケートの結果、スマホが故障または破損してしまった人の58.6%もの人が過去に修理を依頼した経験があるとの結果が発表されました。

今やスマホは高級品。もちろん低価格のものもありますが、一度買ったら2年くらい使う方はほとんどだと思うので、修理を行いながら少しでも長く使えたらいいですよね!

海外スマホSTFではスマホの販売だけでなく、スマホの修理も承っております。
国内での修理対応店舗が少ない、Androidや海外スマホの修理も対応可能!
故障で不具合が起きた場合や、ディスプレイの破損、バッテリーの交換など、どんなことでもご相談下さい!

スマホのみならず、iPadやiPodの修理も承ります。
まずは海外スマホSTFまでご相談下さい。

どんな海外スマホも国内修理対応だから安心!【スマホ修理ならSTF-Phone 前編】
古いスマホでも正規パーツで修理。だから安心!!【スマホ修理ならSTF-Phone 後編】

参照元:iPhone Mania

執筆者:Rico


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です