コンパクトなボディに史上最大のディスプレイを。iPhone X Plusのレンダリング画像が公開に。

2018年には3つの新型iPhoneが発表されると予測されており、5.8インチ、6.1インチ、そして6.5インチとディスプレイサイズが異なることが判明しています。2017年にiPhone生誕10周年記念モデルとして登場したiPhone Xの後継機種はそのまま5.8インチのディスプレイサイズを。

そして現行のPlusモデルの筺体の大きさにベゼルレスデザインを採用すると予測されているiPhone X Plusが6.5インチを。そしてエントリーモデルの立ち位置になるとされている新型iPhoneが6.1インチのディスプレイを搭載すると予測されています。

iPhone Xはベゼルレスデザインを採用することによって、無印のiPhone、iPhone8シリーズでいえばiPhone8とほぼ同じ大きさでありながら5.8インチの大型ディスプレイを採用していますが、これはあくまでもインチ表記の場合。

インチ表記では5.5インチとiPhone8 PlusのほうがiPhone Xより小さいディスプレイを搭載していますが、iPhone8 Plusのディスプレイはアスペクト比16:9を採用していることもあり、実際にはiPhone Xより20%程度、ディスプレイが大きいことも判明しています。

つまり普段Plusモデルを使用しているユーザーからすれば、iPhone Xのディスプレイは小さいと感じてしまうのが現状です。だからこそPlusモデルユーザーの多くはiPhone X Plusの登場を待望しています。今回はこのiPhone X Plusのレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。

レンダリング画像が公開に。

Appleに限らず、スマートフォンのリーカーとして非常な有名な@OnLeaks が自身のTwitterで噂されているiPhone X Plusのリーク情報を元に作成されたレンダリング画像を公開しています。今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。

左側が6.1インチの新型iPhoneで、右側がiPhone X Plusとなります。まず今回の画像から確認することができるのは、両機種ともベゼルレスデザインを採用していること。つまりFace IDを搭載しているということになります。

また背面がiPhone Xと同様にガラスを採用していることからもワイヤレ充電に対応していると考えることができます。ただ6.1インチの新型iPhoneに関しては、エントリーモデルの立ち位置であることもあり、背面のカメラがデュアルレンズカメラではなくシングルカメラを搭載していることを確認することができます。

ただ6.1インチの新型iPhoneと現行のiPhone Xの本体サイズは大きく異なることはないとされている中、今回公開されたレンダリング画像を確認する限り、6.1インチの新型iPhoneとiPhone X Plusの大きさもそこまで変わらないことが確認することができます。

ちなみにPhone Arenaによると、iPhone X Plusの本体サイズは「157.5×77.4×7.7mm」になるとされており、一方でiPhone Xの本体サイズが「143.6×70.9×7.7mm」で本体の厚さに関しては同じであるとしています。

また現行モデルであるiPhone8 Plusの本体サイズが「158.4×78.1×7.5mm」であることからもiPhone X Plusは僅かながらiPhone8 Plusより本体サイズが小さくなるとしています。冒頭でも記述しましたが、iPhone8 PlusにiPhone Xのデザインを当てはめたのがiPhone X Plusと考えれば非常にイメージしやすいと考えることができます。

また今回の情報で、iPhone X Plusは有機ELディスプレイを搭載し、その表示解像度は「1242×2688」になるとされており、A12チップの搭載、さらに3000mAhの電池容量となり、そのほかの仕様はiPhone Xを踏襲すると予測されています。

正式名称に関しては、様々な予測がありますが、その中でも最も有力なのがiPhone X Plusとそのままです。今年以降、新型iPhoneの名称は非常にシンプルになると予測されており、今年発表予定のiPhoneで考えれば、6.1インチの新型iPhoneの名称がiPhone。iPhone Xの後継機種もそのままiPhone X、そしてiPhone X Plusになるとされています。

特にハイエンドモデルであるiPhone XとiPhone X Plusに関しては、ハイエンドモデルの意味をこめてXが採用されるとしており、現行のiPhone Xに採用されているXとは意味が異なるとしています。さらに今年はここにiPhone SE2が加わると考えることができます。今回公開されたレンダリング画像は動画として確認することもできるため興味がある方はチェックしてみて下さい。

現行のiPhone Xに関しては一部ユーザーからFace IDより従来の指紋認証であるTouch IDのほうが使いやすいという声が上がっていますが、今回のレンダリング画像、そしてリーク情報を確認する限り、今年以降登場する次期iPhoneはFace IDが搭載され、Touch IDは完全に廃止になると考えることができます。

また現時点では、次期iPhone XとiPhone X Plusの詳細なスペック、特にカメラについて明らかになっていますが、iPhone8とiPhone8 Plusのように、スペックに差があるのか、それともスペックに差がなく単純にディスプレイサイズが異なるだけなのか非常に気になるところです。

大画面を好むユーザーからすればiPhone X Plusの登場は本当に待ち遠しい限りです。iPhoneは画面が小さいモデルしかないと、iPhoneを使いたくてもAndroidを使っていたユーザーをiPhone6 Plusで取り込むことに成功し、次はiPhone X Plusでさらに大きくAndroidユーザーを取り込むことに成功すると考えることができます。

iPhone Xが発売される前までは、iPhone6以来のスーパーサイクルがiPhone Xで発生すると予測されていましたが実際には起きませんでした。しかしながらiPhone Xの後継機種としてよりブラッシュアップしたiPhone Xと、大画面ユーザーの需要を満たすiPhone X Plus、そして価格が抑えめである6.1インチのiPhone。今年こそはスーパーサイクルに入ると期待してしまいます。

あなたはどのモデルが好みですか?

続報に期待しましょう。

関連商品⇒iPhoneX

画像参照元:@OnLeaks
ソース:Phone Arena

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です