最大20倍ズームに対応。Google Pixel 4/Google Pixel 4のカメラソフトはかなり優秀。

先日にはCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されたGoogle Pixel 4/Google Pixel 4 XLですが、Google Pixelシリーズとして初となるデュアルレンズカメラ仕様に。TOFセンサーを含めれば、実質トリプルレンズカメラを搭載すると予測されていることからも、カメラの進化に大きな期待が寄せされています。詳細は「デメリットをしっかりと補って。Google Pixel 4/Google Pixel 4 XLの精細なレンダリング画像がリーク。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、秋に発表される可能性が高いGoogle Pixel 4/Google Pixel 4 XLのカメラや一部スペックについて言及していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

 

一部スペックを確認しよう。

まず今回の情報に基づいて、Google Pixel 4/Google Pixel 4 XLのスペックをまとめると以下のようになります。

Google Pixel 4 Google Pixel 4 XL
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.7インチ 6.3インチ
表示解像度 2280×1080(FHD) 3040×1440(2K)
リフレッシュレート 90Hz
本体サイズ 147 x 68.9 x 8.2 mm 160.4 X 75.2 X 8.2mm
OS Android10.0
SoC snapdragon855+
RAM 6GB
ROM 64/128GB
メインカメラ 12MP+16MP
バッテリー 2800mAh 3700mAh
生体認証 顔/指紋
防水・防塵 IP68

まず今回の情報で新たに判明したのが、リフレッシュレートが90Hzになっていること。ちなみに現行のGoogle Pixel 3シリーズは60Hzに対応しています。なので、より滑らかにディスプレイが表示されるということになります。

次に先日よりQualcommから発表されたばかりの、snapdragon855+が搭載される可能性が高い。現行のsnapdragon855と比較しても処理性能が10%程度しか改善していません。このことを考えると、その違いをユーザーが体感するのは非常に難しいと思います。そして先日正式発表されたばかりのGalaxy Note10シリーズですが、スペックてんこ盛りにするSamsungが、snapdragon855+を採用しなかったことを考えると、あまり魅力的なSoCではないのかもしれません。

RAMに関しては、以前より6GBに増強されると予測されてきましたが、今回の情報においては、ほぼ確定としています。一方でROMに関しては、特段変化はなく、2モデル構成に。Google Pixel 4/Google Pixel 4 XLも現行機種と同じくSDカードに対応しないと予測されていることからも、その容量に不満を持つユーザーは少なくとも出てきそうですよね。

 

カメラが大幅に進化。

次に最大の進化とも言えるカメラについて確認したいと思います。事前情報においては、新たに超広角レンズが搭載される可能性が高いと予測されていましたが、今回の情報によると、1600万画素の望遠レンズを搭載する可能性が高いとしています。この望遠レンズは光学式2倍ズームもしくは3倍ズームに対応すると予測されており、さらにスーパーRESズームと組み合わせることで、Huawei P30 Proと同様に光学式5倍ズームに対応している可能性が高いとしています。

またスーパーRESズームとの組み合わせによって、デジタルズームに関しては、最大で20倍になる可能性が高いとされています。このことからも、ハードメインの進化ではなく、やはりソフトと組み合わせることで、うまく進化させています。Googleらしい作り方ですよね。

またその詳細を確認することができませんが、Googleは一眼レフのようにカメラアタッチメントを専用アクセサリーとして準備している可能性が高いとされています。それだけGoogleはカメラに気合を入れて開発していると判断することができます。一方でインカメラに関して判然としませんが、少なくともGoogleは新たなセンサーを搭載することで、今までになかったジェスチャー操作に対応している可能性が高いことが判明しています。

この新たなセンサーによって、顔認証は3D対応となり、セキュリティの面でも大幅に強化されるとしています。Google Pixelシリーズは1年に1回の発表となっていることからか、今年はGoogle自らがネタバレを定期的に行っており、ユーザーの関心を引きつけるように努力しています。

昨年と異なり、今年は、Google Pixel 4シリーズより先にHuawei Mate30 Proの方が先に発表/発売を開始する可能性もあり、非常に厳しい状況になると判断することができます。その中で、どれだけの存在感を示すことができるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

via Phone Arena

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です