その価格の高さはその良さを物語っている。Google Pixel2の魅力。

Googleの純正スマートフォンとして、Nexusシリーズ、そして新シリーズであるPixelシリーズが発売されていますが、残念なことに日本ではNexusシリーズまでの発売となっており、日本ではPixelシリーズは発売されていません。

日本でPixelシリーズが発売されない最大の足枷は「Google assistant」に日本語が非対応であることされてきましたが、「Google assistant」自体は日本語にだいぶ前に対応しています。それなのにいまだPixelシリーズは展開されておらず、さらに展開されない理由は判然としない状況にあります。

日本では未発売であるGoogle Pixelシリーズも海外では非常に人気があり、品切れも続出しています。今回はブランド価値としても成立しつつあるGoogle Pixeシリーズ、特に最新機種であるGoogle Pixe2についての魅力を簡単にまとめたいと思います。

まずは対応バンドの確認。

SIMフリースマートフォンを購入する際に気になるのは対応バンドになります。なのでまずGoogle Pixe2の対応バンドを簡単に確認したいと思います。Google Pixe2の対応バンドを以下のようになります。

bands 1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 17 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 40 / 41 / 66

となります。その上で、ドコモ、au、ソフトバンクのそれぞれの対応バンドと照らし合わせてまとめてみると以下のようになります。

ドコモ bands 1/ 3 / / 28
au bands 1/ 26 / 28 / 41
ソフトンバンク bands 1/ 3 /8 /28/ 41

最近海外のSIMフリースマートフォンの対応バンドを調べる機会が多いのですが、今回のGoogle Pixel2含めても、やはり海外のSIMフリースマートフォンと非常に相性がいいのはソフトバンクになります。

Google Pixel2はソフトバンクの対応バンドすべてに対応しています。つまりプラチナバンドにも対応していることになります。ちなみに、ドコモはプラチナバンドに対応しておらず、最低限の電波しか掴みません。

auに関しては、プラチナバンドにはしっかり対応しているけど、それ以外の電波は微妙って感じになっています。個人的にはGoogle Pixel2が正式発表されたときに、ソフトバンクあたりがキャリアモデルとして取り扱うかなと予測していましたが、実際には扱われず。ただ対応バンドだけはしっかり対応したという形になっています。

カメラがかなり高評価です。

カメラの評価サイトとしてかなり有名なDxQMarkにおいて、Google Pixel2の評価が上記の画像になります。トータルスコアでは98となっています。ただこれだけだとピンときませんよね。なので同サイトによるスマートフォンのランキングが以下の画像になります。

同サイトが評価した歴代のスマートフォン部門によるランキングにおいて、歴代4位となっています。ちなみに1位のHuawei P20 Pro に関してはトリプルカメラ、そしてGalaxy S9 Plusにかんしてデュアルレンズカメラ、iPhone Xでさえデュアルレンズカメラを搭載している中で、Google Pixel2に関してシングルカメラです。

もともと初代Google Pixelの時から評価が高かったのですが、競合他社のカメラ性能の向上が著しい中、Google Pixel2がシングルカメラでここまでの評価を獲得できていることが逆に恐ろしいくらいです。

もしこれで次期Google Pixel3シリーズがデュアルレンズカメラを搭載したらって考えてしまいますよね。ちょっと話はそれましたが、Google Pixle2は、カメラの評価もビデオの評価もどちらも評価が高く、非常にバランスがとれている機種になります。

Huawei P20 Proのカメラの評価が「114」で、ビデオの評価「98」。一方でGalaxy S9 Plusのカメラの評価が「104」でビデオの評価が「91」など、カメラの評価が高く、ビデオの評価が低いけど、カメラの評価がかなり高いから、トータルの評価が高評価という結果になっています。

つまり写真もいっぱいとるけど、ビデオもいっぱいとりたい。そんな人にとってはまさにおすすめの1台になります。もちろん、カメラだけではなく、そのスペックも優れています。ただ昨年発売された機種であるため、最新機種であるHuawei P20 ProやGalaxy S9シリーズには見劣りしてしまいますが、それはカタログスペック上での話。日常使う上でそこまで差があるわけではありません。

そしてGoogle Pixel2のSIMフリーは発売開始して半年近く経過しているにも関わらず、ほとんど値崩れをしていません。Pixelシリーズとしてはまだまだ月日が短いですが、Nexusシリーズからの評判が高いせいか、もうブランドとして早くも成立しており、人気も非常に高い機種となっています。

それこそ初代Google Pixelは発売開始して、半年近く経過しても品薄状態が続いていたころからもよほど人気があるシリーズだと考えて間違いありません。だからこそ、一見その価格の高さに驚くかもしれませんが、非常に価格の価値に見合ったいい機種だと考えることができます。

残念なのはやはり日本で未発売であること。だからこそ逆に人と違った機種を使いたい人にとっておすすめの機種になります。正直なところ、Google Pixel2の魅力に気づいている人はほんの一握りです。だからこそ、早くその魅力に気づいて、iPhoneやGalaxyとは違った魅力を楽しむのもありです。今回はこんなお話。

画像参照元:GSM Arena

商品ページ:Google Pixel 2Google Pixel 2 XL

執筆者:Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です