GooglePixel3は3色展開で3モデル展開に?

Google Japanのティザー画像からも、日本で初めてGoogle Pixelが展開されることが確定しており、間も無く開催されるイベントにおいて、GoogleはGoogle Pixel3とGoogle Pixel 3 XLを正式に発表すると予測されています。
Google Pixel2シリーズ以降、HTCとLGがサプライヤーとして生産を請け負っており、同じシリーズでありながら、全く異なるデザイン、スペックを搭載しているのも一つの特徴となります。
今回日本でも展開が確実視されているGoogle Pixel3とGoogle Pixel3 XLは3色展開になる可能性が高く、さらにもう一つリーク情報がほぼないUltraモデルの存在について簡単にまとめたいと思います。

3色展開の可能性が非常に高い。


今回の情報によるとGoogle Pixel3シリーズは3色展開になる可能性が高いとされており、まず上記の画像のように、比較的伝統的でもある「ブラック」そして画像にはありませんが「ホワイト」

そして新色として「サンド」が追加される可能性が高いとされています。事前情報では、ミントとピンクの2色が新たに追加される可能性が高いと予測されていましたが、実際にはこの「サンド」つまりピンクのみが追加になるとされています。
ただあくまでも情報源によれば、発表当時の本体カラーがブラック/ホワイト/サンドの3色展開になり、後に新色としてミントが追加される可能性も十分に考えられるとしています。

ちょっと話はそれますが、Google Pixel3が発表前にここまで情報がリークしているのは、Google自らリークしている可能性があると予測されています。
最初に情報がリークしたのはGoogle Pixel3 XLとなっており、わざとGoogleが偽物のデザインを採用したGoogle Pixel 3 XLのモックアップや実機を偽造し、リークしたとしています。
一見Googleにとってなんのメリットもないようにも感じますが、発表前に誤った情報をあえてリークしておくことで、実際の発表の時に異なる機種を発表し、ユーザーやメディアにサプライズを演出しようとしていると予測されています。
では今までリークされてきたGoogle Pixel 3 XLが偽物になるのか。一部情報によれば、実際のGoogle Pixel 3 XLはノッチを採用していないとされており、上記の画像のようにフルスクリーンデザインを採用しているのではないかとも予測されています。
ただここまで手が込んだことをやるのかという疑問も残ります。一方でこのフルスクリーンデザインを採用したGoogle Pixel3は「XL」として発表されるのではなく、また別モデル「Google Pixel3 Ultra」として発表される可能性があるとの情報もあります。
この情報を考慮すると、次期Google Pixel3は3モデル展開になると考えることもできます。

ただこの情報に対してGoogleは自身のInstagramにおいて上記の画像を投稿をしています。
私たちはmini Pixelの噂を聞いている。と小さいなPixelをいくつか並べた画像を公開していますが、この画像は、噂されているUltraから注意をそらすために投稿されたものであるとの解釈もあれば、Ultraの存在をジョークを通して否定したとの解釈もあり判然としない状況となっています。
ただ、逆に言えば確定しているのはGoogle Pixel3です。デザイン、スペックに関しては事前情報と相違がないと考えることができます。
そして問題なのがGoogle Pixel3 XLです。スペックに関してはそこまで情報がずれているとは考えにくいですが、デザインに関しては、iPhone XSのようにノッチスタイルを採用するのか、まだほとんどのスマートフォンが採用していないフルスクリーンを採用するのか気になるところです。
ちなみにスペックに関して、Google Pixel3シリーズはシングルカメラにRAM4GBと、他のベンダーの機種と比較するとかなり物足りなさを感じるかもしれません。
ただGoogleは、少なくともRAMは4GB以上は必要ないとしており、SONYも同じ考えを持っているとされています。今後他のAndroid機種のRAMが8GBや10GBと増強されている中、Google Pixelシリーズは、RAM4GBを維持していくと考えることができます。
またカメラに関しても、シングルカメラで十分にユーザーが満足させられる写真・動画を撮影することができるとしています。つまりトレンドのデュアルレンズカメラや、トリプルレンズカメラなど、闇雲にカメラレンズの数を増やしたところで、撮影のバリエーションは増えたとしても、質自体は劇的に向上することが考えにくいとしています。
世代を重ねるごとに、分かりやすい進化の一面としてスペックが考えられますが、スマートフォン市場が成熟期に入っている以上、数年前までのような劇的な進化を繰り返すことはほぼ不可能だと考えることができます。
逆に言えば、Google PixelやSONYのXperiaのようにスペック的に物足りなさを感じる機種こそ、早い段階で非常に完成度が高かったと考えることもできます。

Google Pixel3の発表イベントは現地時間の「10月9日」。つまり日本時間の10月10日になります。そして日本では異なる対応になると思いますが、少なくともアメリカ国内においては、発表イベント直後から予約を開始するとされており、発売に関しても10月中になると考えることができます。
今年の冬モデルはGoogle Pixel3にGalaxy Note9 そしてHuawei Mate20 ProなどAndroid勢は非常に豪華です。どの機種が一番の人気を獲得できるのか楽しみですね。

Pixel 販売ページ
Pixel XL 販売ページ
Pixel 2 販売ページ
Pixel 2 XL 販売ページ

参照元:ArenaAndroid Headlines

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です