15万円以上でも満足できる完成度の高さ。「Huawei Mate20 Pro」の良かったこと。悪かったこと。

2018年を通して、様々な機種が発表・発売されましたが、個人的には「Xperia」のフルモデルチェンジであるXperia XZ2の登場や、世界初のトリプルレンズカメラを搭載したHuawei P20 Proの登場、そして「S」モデルでありながらより完成度が高くなったiPhone XSシリーズの登場など、いくつか気になる機種が登場しました。

その中でも今年発表された機種の中で、最も注目したのはHuawei Mate20シリーズになります。Huawei P20 Proの大ヒットを皮切りに怒涛の勢いでシェアを拡大しているHuaweiですが、その最新機種となるのがHuawei Mate20シリーズになります。全部で4モデル構成と非常にバラエティに富んでおり、特に7.2インチの大型ディスプレイを搭載したHuawei Mate20 Xは非常に注目度が高い機種となります。詳細は「Xperia Z Ultra難民を救う唯一の救世主に。「Huawei Mate20 X」は爆発的なヒットになる予感。」をご参照下さい。


このバラエティに富んだHuawei Mate20シリーズの中で、最も人気を集めているHuawei Mate20 Proを実際に購入して使ってみたので、その所感を簡単にまとめたいと思います。

 

満足度が高い完成度に。

Huawei Mate20 Proは、Huaweiが持つ技術を結集した機種となっており、最先端の技術を数多く搭載しています。その中でも個人的に良かったと思うことは、顔認証機能になります。iPhone Xで初めて顔認証が採用されて以来、多くのAndroid機種が採用した生体認証の一つになりますが、Huawei P20 Proの時は、2D認証だったのに対して、Huawei Mate20 Proは、3D認証になっています。

3D認証になったことで、認証精度が大幅に向上しており、セキュリティの面でも大幅に強化されたと考えることができます。iPhone Xシリーズでは、Face IDで認証した後、画面をスワイプすることによって、ホーム画面を開くことができます。しかしそれ以上にHuawei Mate20 Proの顔認証は、認証速度がかなり早く、まさに一瞬です。

Huawei Mate20 Proは、設定を変更する必要性がありますが、顔認証でロックが解除された後、いちいち画面をスワイプすることなく、ホーム画面を開くことができます。操作としては僅かな差になりますが、このスワイプをするかしないかを1日単位、1週間単位と見ていくとかなりの差に繋がります。

簡単に言えば、Huawei Mate20 Proのほうがストレスなく使うことができます。次に実際に使ってみて良かったことは、その持ちやすさです。6.4インチと決して小さくないディスプレイを搭載していますが、持った感じは非常に良く、大型ディスプレイを搭載するGalaxy Note9やiPhone XS Maxと比較しても比べ物にならないほど、Huawei Mate20 Proのほうが持ちやすいです。

Galaxy S9シリーズやGalaxy Note9が採用しているEdgeスタイルですが、Huawei Mate20 Proも採用しており、さらにサイドフレームも2mmと極限までスリム化されていることもあり、グリップ感が半端なく良いです。正直このグリップ感があるからこそ、このディスプレイサイズでも片手操作で快適な操作を実現していると考えることができます。

そして最後にディスプレイ統合型指紋センサーになります。ただこれは良かった面であり、自分が唯一感じた悪い面でもあります。Huawei Mate20 Proは有機ELディスプレイとして初となるディスプレイ統合型指紋センサーを搭載していますが、残念なことに光学式の指紋センサーを搭載しています。

簡単に言えば、光の透過によって指紋を認証していることになります。この光学式を採用したことによって大きな弊害となるのが画面の保護シートです。Huawei Mate20 Proは日本国内では発売されていない機種ということもあり、関連のアクセサリーがかなり限定的です。この限定的なラインナップの中からガラスフィルムと、保護フィルムを実際に購入して使ってみましたが、ほとんどの確率で認証しません。

やはり認証する際に、フィルムが邪魔な存在となっていると考えることができます。ただ逆に考えれば、保護フィルムを貼らなければむしろかなり快適です。なにせディスプレイをタッチするだけで、瞬時にロックが解除されます。先ほども記述した顔認証と組み合わせて使うことによってまさに最強になります。

どうしてもディスプレイを保護したいという人は、手帳型のケースを購入し、フィルムをつけないことをおすすめします。今年10機種程度購入しましたが、その中でも、使いやすさ、設定のしやすさ、そして持ちやすなどHuawei Mate20 Proの満足度が非常に高く、ましてカメラに関しては文句のつけようもありません。

iPhone XS Maxの512GBモデルが約18万円と非常に高価で大きな話題となりましたが、だったらHuawei Mate20 Proを購入するほうをおすすめします。気になる方はぜひチェックしてみてください。

Huawei Mate 20 Pro LYA-L29 256GB/8GB ファーウェイ メイト シムフリー詳細ページ
Huawei Mate 20 Pro LYA-L29 128GB/6GB ファーウェイ メイト シムフリー詳細ページ

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です