遅ればせながら…Galaxy Showcaseへ行ってきました!後編~VR体験~

さて、前編につづき、後編ではこのイベントの一番の目玉、VR体験レポートです!

VRが体験できるアトラクションへ!

着実にいろいろなブースに立ち寄り、スタンプを貯めていざVRブースへ!
館内の3階には3種類のVR体験ブースがありました。
さすがにVR体験は少し混雑していて、15分くらいは待つかもしれません。
そんなときは無料でいただけるドリンクも飲みながら列に並ぶのがオススメです。

こんなお洒落なドリンク^^
パープルがラベンダーソーダ、イエローがハニージンジャーです。

私はこちらの2つを体験。
一つ目は「VR Snow Board」
VR Gearをつけて動く板の上に立つと、まるで雪山でスノーボードをしているかのような景色と振動を楽しめるブース。
Gearはいろいろな方が使うので、こういったフェイスカバーをつけてGearを装着します。

2つ目は「VR Flying Dino」
がっちり装備のシートベルトが印象的なブース。列で順番を待っている間体験しているほかの方を見てみると、座っているいすが360度ぐるぐる回りジェットコースターに乗っているような荒々しさ。笑
どんな景色が見えているかは、実際に行って確かめてみてください。
行ってからのお楽しみ~
このコンテンツを楽しむ為のアドバイスは脱げやすい靴を履いている方は予め脱いでおくこと!
VR体験中に気分が悪くなったらVR Gearを外すように案内されました。乗り物に酔いやすい方はご注意くださいね!

VRとコントローラーでハンティングゲーム!

最後にキャットストリートに面していて、インパクト大!のブースへ
館内のスタンプラリーでスタンプが8個貯まると、外にある特設VR体験ブースのVR Treasure Hunterを体験することが出来ます。

せっかくGalaxy Showcaseに訪れたら是非体験してみて欲しいコンテンツです。
こちらは動くいすに座りVR Gearとコントローラーを使ったゲームのようなコンテンツです。
ゲームといってもすごく簡単で、目の前に現れる敵?を打ち落とすシューティングゲームのようなものでした。映像に合わせてスタッフの方が「撃って!撃って!気をつけて!逃げて!」と雰囲気を盛り上げてくれます。笑
こちらは一度に8名同時に体験ができ、最後にゲームの得点でランキングがつきますので、皆さんお友達と一緒に競ってみてはいかがでしょうか。

最後にこちらのイベント内での参加特典についてご紹介します。
イベント内で撮影した写真を「#galaxyshowcase」「#Tokyo2020」のハッシュタグをつけて、ご自身のSNSにアップすると、限定で「Galaxyとオリンピック」のコラボピンバッジがもらえます。

Galaxyを展開しているSamsungは1988年のソウルオリンピックからスポンサーとしてオリンピックとの関わり、もちろん2020年の東京オリンピックにも協賛しています。
是非コラボピンバッジをゲットしてください^^

前編、後編とお届けしました、Galaxy Showcaseのレポート、いかがでしたでしょうか?
このイベントはスマホに関して詳しく知らない方でも、すごく楽しめるイベントです。
私はすべてのコンテンツを体験したわけではありませんが、それぞれのブースで夢中になっていたら、あっという間に2時間遊んでしまいました!
このイベントは2018年9月まで開催されておりますので、暑い夏、原宿へ遊びに行った際には、ただ涼むだけでも休憩がてら足を運んでみてはいかがでしょうか?

Galaxy S9シリーズ販売ページ

ソース:Galaxy S9 / S9+製品情報 / Galaxy Showcaseについて

執筆者:Rico
カメラマン:加賀見洋平


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です