発表直前。iPhone 11/iPhone 11 Proのスペック/デザインまとめ。

毎年9月はIFAの開催に、Appleの新製品イベントと、スマートフォン市場がかなり盛り上がる時期でもあります。特にAppleのイベントに注目している人は多いでのはないでしょうか。先日にはAppleが関係メディアに対して、9月10日にイベントを開催することを正式に発表しました。昨年と同様に新型iPhoneが正式発表されると判断することが出来ます。

さて今回は、正式発表を直前に控えたiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのスペックやデザインについて簡単にまとめたいと思います。

 

iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxのスペック。

まずはプレミアムモデルとなるiPhone 11 ProとiPhone 11 Proのスペックについてまとめると以下のようになります。

スペック iPhone 11 Pro iPhone 11 Pro Max
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 5.8インチ 6.5インチ
表示解像度 2436×1125(458ppi) 2688×1242(458ppi)
OS iOS 13
SoC A13
RAM 6GB
ROM 125/256/512GB
メインカメラ 12MP+12MP+12MP
インカメラ 12MP
バッテリー 3190mAh 3500mAh
ワイヤレス充電 対応
リバースワイヤレス充電 対応
wi-fi 6 対応
生体認証 Face ID
Apple Pencil 対応

まずデザインについては、iPhone XS/iPhone XS Maxから大きな変更はないと予測されていますが、一部情報ではフロストガラス。つまり磨りガラスが採用されると予測されています。つまり、背面に関しては大きく質感が変更される可能性も。そして上記の画像だと当てはまりませんが、一部情報によれば、iPhoneのロゴが廃止に。そしてAppleロゴが背面中央に移動すると予測されています。

カラバリに関しては、従来と同じくゴールド/スペースグレー/シルバーの3色はほぼ確定。ただ一部情報では、Galaxy Note10+のAura Glowのようなグラデーションカラーが追加されると予測されています。

スペックに関しては、大きな特徴はカメラ。iPhone初となるトリプルレンズカメラを搭載し、超広角撮影に対応。またナイトモードや水中モード。そしてスローモション撮影に対応と、新機能がかなり追加されると予測されています。そしてより大型のバッテリーを搭載。個人的にはRAM6GBに対応したこと。また意外なのが、その詳細は判然としませんが、Apple Pencilに対応するとされています。

すでにリークしている専用ケースを確認する限りでは、Apple Pencil専用のポケットもあり、iPad用のApple Pencilとは別にiPhone専用のApple Pencilが新たに発表される可能性が高いと判断することが出来ます。

 

iPhone 11のスペック

次にベースモデルとなるiPhone 11のスペックを確認したいと思います。ちなみにiPhone 11の前モデルはiPhone XRです。iPhone 11では少なくとも廉価モデルという立ち位置ではありません。

スペック iPhone 11
ディスプレイ 液晶
ディスプレイサイズ 6.1インチ
表示解像度 1792×828(326ppi)
OS iOS13
SoC A13
RAM 4GB
ROM 64/256/512GB
メインカメラ 12MP+12MP
インカメラ 12MP
バッテリー 3110mAh
ワイヤレス充電 対応
リバースワイヤレス充電 対応
wi-fi 6 対応
生体認証 Face ID
Apple Pencil 非対応

デザインに関しては、コーラルとブルーが廃止になり、新たにグリーンとパープルが追加になる可能性が高いと予測されています。その他iPhone XRから大きな変更はない可能性が高い。

スペックについては、RAM4GBに増強。さらにROMは512GBが追加。そしてカメラがついにデュアルレンズカメラを搭載と、iPhone XRの時はかなり中途半端なスペックとなっていましたが、iPhone 11では、スペックが大幅に強化されたので、最もコスパがいいiPhoneになる可能性が高いです。今年一番注目されるiPhoneになると判断することが出来ます。

ただiPhone 11 Proシリーズと大きく異なるのが、Apple Pencilに非対応なことです。今回は正式発表を直前に控えているiPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Proのスペックについて簡単にまとめてみました。従来では、キャリアモデルが大幅な値引き販売を行なっていましたが、10月以降は、従来の値引き販売が出来なくなる可能性が高い。この状況下で、iPhoneがどのような売れ方をするのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

執筆者: Gazyekichi


通販サイトTOPへ
通販サイトTOPへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です